調布駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

調布駅の物件一覧

調布駅の物件1物件34部屋が公開中!

調布駅は、京王電鉄の京王線と相模原線が乗り入れる駅で、朝や夕方のラッシュ時にはかなり混み合っています。周辺には布多天神社や調布パルコのような商業施設が立地しています。シェアハウスの賃料の相場は、約40,000円と東京都のオークハウスのシェアハウスの同じ地域の平均賃料と比較して安くなっています。たくさんのスーパーがあり24時間営業のお店も北口周辺にあります。また、特急に乗ると新宿駅に最短15分でたどり着ける点も魅力です。


調布の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥39,529

アパートメント

平均 ¥0

調布の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

調布駅は東京都調布市にあり、京王電鉄の京王線と相模原線が走っています。京王線は各駅停車、快速、区間急行、急行、準特急、特急が停車し、特急に乗車すると2駅目が新宿駅となります。相模原線は調布駅が起点となり、川崎市や調布以西の東京23区外に行く際に重宝されています。1日あたりの乗降客数は開業以降右肩上がりを続け、今では12万5,000人程度が利用しています。この数字はすべての京王線の駅の中でも非常に多く、4位をキープしています。京王電鉄だけが乗り入れている駅に絞ると乗降客数は1位です。1953年に現在の場所に駅が作られ、2008年に仮設橋上駅舎が使用され始め、2012年にはホームドアが設置され、2014年に大工事の末、連続立体交差事業が完了しました。これにより駅の利用者のみならず、開かずの踏み切りの解消により周辺に住む人たちの利便性も向上しました。新宿方面にも、23区外の西側にも、川崎方面にもアクセスできる電車が運行している点が調布駅の最大の魅力です。

見どころ

調布駅の周辺にはショッピング施設や銀行、役所関連施設などが建ち並んでいます。見どころスポットといえば「布多天神社」を挙げることができます。具体的に創建された時代はわかっていませんが、垂仁天皇の時代にできたという記述もあります。1477年に今の場所に移転し、もともと祭神としていた少彦名神に加えて菅原道真も合祀されるようになりました。毎月第2日曜日に数十の店舗が出店する骨董市が開催され多くの人が押し寄せています。特にチェックしておきたい見どころは1706年に再建された本殿、太閤の制礼、狛犬、多摩川の碑です。また調布駅北口からすぐのところにある「調布パルコ」もおすすめスポットです。地下1階から6階までショップが入居していて、7階には複数の飲食店やダイニングテラスが用意されています。そして8階から10階には調布クレストンホテルが入っており、複合的なサービスを提供しています。食べ物やファッション用品、日用品など生活に密着した商品の販売を行っており地元の人にも愛されています。パルコの2階と7階部分がパーキングビルと繋がっており、自家用車での利用も行いやすいです。

生活スタイル

調布駅は京王電鉄の2つの路線が乗り入れていて、東京23区外の中でもトップクラスのアクセス利便性を誇ります。平日には通勤や通学が行いやすく、休日には都心部に気軽に行ける点は大きな強みです。周辺には各種商業施設がありますが、駅から少し離れると自然が感じられる公園があり、子育て中のファミリー世帯にも人気があります。また駅前にあるバス乗り場からは東京都心部や羽田空港に向かうバスが出ているため、ビジネスや旅行利用の際にも重宝します。大手複合施設に入居しているスーパーのみならず、調布とうきゅうなどのスーパーも充実しており、毎日の買い物に困ることはありません。駅から徒歩2分のところにある西友調布店は24時間営業で、仕事が忙しい人や急な買い物をしたい人におすすめです。ドラッグストアも駅の周りに点在し、南口あたりには大手100円ショップのダイソーもあるため、日常的な生活は全く問題なく送ることができます。