柿生駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

柿生駅の物件一覧

柿生駅の物件1物件8部屋が公開中!

柿生駅は、小田急電鉄小田原線が乗り入れる駅で、ラッシュの時間帯は混みますが、時間を選べば快適に電車利用ができます。周辺には浄慶寺や秋葉神社などの寺社仏閣が立地しております。シェアハウスの賃料の相場は約45,000円とオークハウスの同じ地域のシェアハウスの平均賃料と比較して安くなっています。治安が良いので生活していく上で安心感があるほか、約15種類の系統のバスを利用することができ利便性の高さも魅力です。


柿生の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥44,875

アパートメント

平均 ¥0

柿生の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

柿生駅は川崎市麻生区にある小田急小田原線が走る駅です。川崎市麻生区内の小田原線の駅の中では最も古い歴史を持ち、1927年に開業しました。もともと待避線が設けられていましたが1977年に使用されなくなり、1999年には北口部分に自動改札機が設けられました。1番ホームと2番ホームで構成され、それぞれ下り、上りとなっています。1日あたりの乗降客数は3万7,000人程度で、2003年以降は微増している状況です。上り方面の隣に新百合ヶ丘駅があるため小田急多摩線への乗り換えも行いやすくなっています。停車する電車の種類は各駅停車と準急、通勤準急です。車椅子用階段昇降機こそないものの、車椅子用のスロープや対応型トイレもありますし、必要な箇所にエレベーターが設けられているため安心して利用できます。駅の北口と南口共にバスの停留所があり、特に北口の方がバスの種類が充実しています。

見どころ

柿生駅の周辺には寺社仏閣が多く、非日常を味わうことができる空間がいたるところにあります。柿生駅から10分程度歩いたところにある「浄慶寺」は、1,000本以上のアジサイが咲くことで知られ、周辺住民の憩いの場にもなっています。そして立派な羅漢石像は存在感たっぷりで、はじめて見た人は驚くこと間違いないでしょう。羅漢石像はデザインにも凝られていてパソコン操作をしている羅漢石像は特に必見です。本尊は阿弥陀如来で、浄土宗の寺院です。普段お寺や仏教などに興味を持っていない人たちも十分楽しめるところで、癒しスポットとしてもおすすめです。そして同じく駅から10分ほどのところにある秋葉神社は、浄慶寺に隣接しています。こちらは美しい紅葉が魅力的です。少し高台になっているところに作られているので景色が素晴らしいです。これらの他にも「あさおふれあいの丘」、「妙行寺」、「鶴亀松公園」などの見どころスポットが満載で、気軽に行きやすい所ばかりです。

生活スタイル

柿生駅の周辺は静かな住宅街が広がり、いたるところに自然が見られます。都会すぎない落ち着いた雰囲気なので平日の昼間には都心部にいるという人たちにもおすすめです。一人暮らし世帯も見られますが、ファミリー世帯も多く、一戸建て住宅の他にもファミリー層を対象としたマンションも多いです。柿生駅の周りには2ヶ所のスーパーがあり、便利なドラッグストアもあるため駅からの帰宅途中に日用品の買い物ができます。また、ファッションセンターしまむらや100円ショップのダイソーも駅のすぐ近くにあるので、なにかと便利です。これらの他にも個人で営んでいるお店がたくさんあるため、様々なアイテムを買い揃えられます。治安は良好で、騒がしい環境でもなく大人も子ども安心して暮らすことができそうです。柿生駅は近くから出ているバスの種類が15系統程度とかなり豊富です。都市部に出向きやすくて、普段は落ち着いたところで暮らしたいけれど都会の雰囲気も味わいたいと考える人にもおすすめです。