北品川駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

北品川駅の物件一覧

北品川駅の物件1物件1部屋が公開中!

北品川駅は、京浜急行電鉄の本線が乗り入れる駅で、通勤通学ラッシュの時間帯は車内がとても混み合います。周辺には、善福寺や原美術館などが立地しています。オークハウスのアパートの周辺賃料の相場は100,000円と同沿線の平均賃料と比較して高いですが、商店街もあるので多種多様な個人商店で買い物が可能です。また品川駅までは電車だけでなく徒歩でも気軽に出向けてとても便利です。


北品川の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥108,000

北品川の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

北品川駅は東京都品川区にあり、京浜急行電鉄の本線が走る駅です。歴史はかなり古く、1904年に品川駅という名称で開業しましたが、現在の場所とは異なります。その後1924年に近隣道路の工事のため移転し、1925年には現在の北品川駅という名前に変更されています。もともと構内に踏み切りが設置されていましたが、1982年に跨線橋が用いられるようになりホームの長さも延伸しています。それからしばらくは目立った工事はありませんでしたが、2007年にエレベーター用の跨線橋が作られました。1番線は京急本線の下り方面、2番線が上り方面となります。1日当たりの乗降客数は9,500人程度であり、1990年代に減少傾向にあったものの、2010年頃から徐々に増加傾向にあります。停車する列車種別は普通列車のみで、その他の特急や快特などは通過しています。駅の規模は小さいものの2面2線のホーム形態を採用しています。

見どころ

北品川駅は東京都品川区にあり、京浜急行電鉄の本線が走る駅です。歴史はかなり古く、1904年に品川駅という名称で開業しましたが、現在の場所とは異なります。その後1924年に近隣道路の工事のため移転し、1925年には現在の北品川駅という名前に変更されています。もともと構内に踏み切りが設置されていましたが、1982年に跨線橋が用いられるようになりホームの長さも延伸しています。それからしばらくは目立った工事はありませんでしたが、2007年にエレベーター用の跨線橋が作られました。1番線は京急本線の下り方面、2番線が上り方面となります。1日当たりの乗降客数は9,500人程度であり、1990年代に減少傾向にあったものの、2010年頃から徐々に増加傾向にあります。停車する列車種別は普通列車のみで、その他の特急や快特などは通過しています。駅の規模は小さいものの2面2線のホーム形態を採用しています。

生活スタイル

北品川駅の最大の特徴は品川駅へのアクセスのしやすさで、最短1分でたどり着けます。様々な主要エリアに行きやすく、徒歩で品川駅周辺に向かうことも可能です。北品川駅の周辺は場所により少し雰囲気が変わりますが、昔ながらの街並みが広がる所もまだ残っています。商店街もあるので個人商店も多く、新鮮な魚や野菜なども気軽に購入できます。日用品店や飲食店も揃っていて不都合はありません。小さな規模のスーパーは駅の近くに複数あり、比較的大きな病院も周辺にあります。職場が品川の人や京急本線沿線の人にとっては理想的な場所ですし、大都市部に程近いにもかかわらず下町風情が残っているのは大きなメリットです。海が近く、さらに緑ある公園や広場などもところどころにあるため気分転換もできそうです。基本的には日常的な買い物は北品川駅周辺で、大きな買い物は品川駅周辺で、というのが一般的です。