三鷹台駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

三鷹台駅の物件一覧

三鷹台駅の物件1物件32部屋が公開中!

三鷹台駅は、京王電鉄井の頭線が乗り入れる駅で、通勤や通学で乗降客が増える時間帯は混み合っています。
周辺には、三鷹の森ジブリ美術館、ハーモニカ横丁などが立地しております。
オークハウスのシェアハウスの賃料の相場は約68,000円とオークハウスの同じ地域のシェアハウスの平均賃料と比較し高いですが、買い物・娯楽などで不自由しない吉祥寺駅まで電車ですぐという点も魅力です。
また、治安状態も良好で日中も静かなため、のんびりとした生活がおくれそうです。


三鷹台の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥68,969

アパートメント

平均 ¥0

三鷹台の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

三鷹台駅は東京都三鷹市にあり、井の頭線が走る駅です。1933年に開業し、1982年にホームの移設工事が行われました。駅の規模はそれほど大きくなく、1日あたりの乗車人数は2万3,000人程度です。長期的な利用者数の変化を見ると微増傾向にあるため、今後もこの傾向が続きそうです。工事により相対式のホームとなり、それは今でも同様です。1面2線ではなくて2面2線形式なので三鷹台駅が混雑した際にも比較的ホームにはゆとりがあるようです。 のりばは1番線と2番線があり、それぞれ下り、上り方面となっています。改札階とそれぞれのホームを結ぶエレベーターが合計2台、さらに北口部分にもエレベーターが備わっています。トイレは駅内にあるものの改札階には存在せず、吉祥寺方面行きの列車が行き来するホームにのみ用意されています。京王電鉄が積極的に導入を進めただれでもトイレも設置されているため、車椅子の人も利用しやすくなっています。

見どころ

三鷹台駅周辺には観光スポットはあまり見られませんが、少し歩くと「三鷹の森ジブリ美術館」、「ハーモニカ横丁」があります。 「三鷹の森ジブリ美術館」ではシーズンによって様々な展示が見られます。映像展示室の土星座や図書閲覧室のトライホークスを利用することでジブリアニメに関する知識が得られ、さらにアニメ作品を連想させるメニュー名のカフェもあります。貴重なアクセサリーやセル画、お土産などを購入できるショップも入居しています。 「ハーモニカ横丁」はハモニカ横丁とも呼ばれる商店街で、約100店舗で構成されています。仲見世通りや中央通りをはじめ複数の通りや小路が存在し、昭和時代の面影を残しています。昼間と夜では違った雰囲気を見せ、グルメ御用達の飲食店や飲み屋もたくさんあります。地元住民にとってなくてはならない場所であり、束の間の休息を得られるところです。お店に入店して飲食を楽しむこともできますが、テイクアウト品を購入し食べ歩きすることもおすすめです。

生活スタイル

三鷹台駅の周辺は非常に治安状態が良好で、ファミリー世帯の他にも一人暮らしの人たちにも人気があるエリアです。 駅の近くにあるスーパーは1軒と少ないのですが、夜は23:45まで営業しているため基本的に食料品の買い物では困らないはずです。両方の出口近くにドラッグストアがあり医薬品の購入もしやすいです。全体的にお店の数は少ないですが、その分静かで穏やかな街並みが広がり、夜だけでなく昼間も落ち着いた生活ができそうです。駅の近くにある三鷹台メディカルセンターには複数の診療科目のクリニックが入居しており、いざという時にも心強いです。 電車に乗れば2分程度で吉祥寺に行けますし、20分程度歩く必要はありますが徒歩でも向かえます。日常生活で必要な食料品や薬、雑貨などは三鷹台駅周辺で購入し、それ以外の必要アイテムは吉祥寺駅まで出る、という生活スタイルが可能な点も三鷹台駅のメリットです。