武蔵野台駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

武蔵野台駅の物件一覧

武蔵野台駅の物件1物件43部屋が公開中!

武蔵野台駅は、京王電鉄京王線が乗り入れる駅で、朝や夕方は混み合うものの、昼間は座れることも多いです。周辺には、八幡山本願寺や味の素スタジアムが立地しています。オークハウスのアパートの賃料の相場は、59,000円と東京都のオークハウスのアパートの同じ地域の平均賃料と比較して安くなっています。治安が良好でファミリーでも安心して暮らしやすく、途中で乗り換えれば新宿まで20分台、乗り替えなくても40分程度でたどり着ける点も強みです。


武蔵野台の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥58,977

武蔵野台の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

武蔵野台駅は東京都府中市にあり、京王線が走る駅です。もともとは1916年に「車返駅」という名称で開業し、1959年に現在の駅名に変更されています。2010年に橋上タイプの駅舎が使われるようになり、翌年に改良工事も終了しています。乗り場は1番線と2番線があり、それぞれ下り、上りとなっています。冷暖房設備が整っている待合室が設けられ、夏場や冬場の利便性も高まっています。2階部分にあるトイレにはオストメイト対応のものが設置され、利用する人のことを第一に考えた配慮が見られます。それぞれのホームと改札口、さらに地上にある出口部分にもエスカレーターが設けられ車椅子やベビーカーを使う人が利用しやすくなっています。1日あたりの乗降客数は約2万5,000人程度で、長い期間に渡って微増傾向にあります。武蔵野台駅には京王線の各駅停車の他に、2013年以降は快速列車も停車するようになりました。

見どころ

武蔵野台駅の周りには「八幡山本願寺」や「味の素スタジアム」などの見どころスポットがあります。「八幡山本願寺」は「八幡山」が山号で、寺号が「本願寺」の浄土宗のお寺であり、院号は「廣徳院」です。本尊は阿弥陀如来像で、ケヤキとサイカチ、サルスベリが府中名木百選に選出されています。門をくぐるとタイムスリップしたかのような厳かで静まり返った雰囲気を楽しめ、非日常な過ごし方が可能です。そして「味の素スタジアム」は東京スタジアムとも呼ばれており、主にサッカーの試合が行われていますが、多目的スタジアムとして陸上競技やラグビーの試合などが開催されています。2001年に開場したため設備も新しく、時にはコンサートや展示会の会場としても活用されています。数多くの施設が存在し、本スタジアムの他、アミノバイタルフィールドや西競技場などを有し、ブレンディ広場やアジパンダ広場といった憩いの施設も設けられています。これらの他にも武蔵野台駅の周りには寺社仏閣や公園などがたくさんあります。

生活スタイル

武蔵野台駅の周りは非常に治安が良いエリアなので、安心して暮らすことができます。広域な住宅街が広がりを見せており、特にファミリー世帯での移住が多くみられます。小さな子どもを持つ家庭が多く、近くには森や多摩川などがあり自然に触れ合いやすい環境が整っています。東京の都心部から少し離れた郊外ではありますが、途中調布駅で特急に乗り換えれば20分台で新宿にたどり着けるため、新宿や渋谷などで働く人のベッドタウンとして機能しています。徒歩圏内にスーパーが複数あり(駅スグには1軒「丸正」があり)食料品の買い物で不便は感じません。駅から徒歩5分程度のところに大手チェーンのドラッグストアもあります。娯楽に関する施設はあまりありませんが、電車で5分の府中駅近くには映画館や複合ショッピング施設などが揃っており、ショッピングも遊びも満喫できます。大都会新宿まで乗り替えることなく行くこともできるのは大きなメリットで、都会と地方の両面を堪能しやすいエリアです。