お花茶屋駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

お花茶屋駅の物件一覧

お花茶屋駅の物件1物件8部屋が公開中!

お花茶屋駅は京成本線の駅で、平日ラッシュ時は混雑しますが各駅停車の利用なので、比較的落ち着いています。
周辺には葛飾区郷土と天文の博物館や立石仲見世商店街が立地しています。
オークハウスのシェアハウスの賃料の相場は、約47,069円と同じ沿線のシェアハウスの平均賃料と比較してほぼ同じです。
閑静な住宅がですが商店街があるだけでなく、近隣にスーパーが点在しているので日常生活に困ることはありません。また都心へのアクセスがいいので割安だと言えます。


お花茶屋の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥47,857

アパートメント

平均 ¥85,000

お花茶屋の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

お花茶屋駅は東京都葛飾区宝町二丁目にある、京成本線の駅です。運転系統は京成本線・各駅停車のみですが、山手線に乗り換えが可能な日暮里駅まで最速で12分で、ターミナル駅の上野に隣接している京成上野駅までも最短16分の好立地です。上野駅は在来線、新幹線、地下鉄合計で13路線利用できるターミナル駅で非常に便利です。平日ラッシュ時は混雑しますが日中などは空いていて座れることも良くあります。バスは京成タウンバスが通っており、4路線利用可能です。JR常磐線・各駅停車の金町、亀有、綾瀬に接続しているバスです。駅名の由来は江戸時代、鷹狩りに来た八代将軍吉宗がにわかに腹痛を起こし、近くの茶屋で休憩したところ、茶屋の娘の看病によりたちまち快方に向かい、喜んだ将軍は「茶屋」の名前と、娘の「お花」との名から「お花茶屋」と名付けたことだと言われています。駅前にはプロムナード商店街があり、日常生活に必要なものが取り揃えられます。

見どころ

駅周辺は閑静な住宅街が広がっています。駅の北側は比較的整備されて作られた感じがありますが、南側は下町の雰囲気が残っていています。葛飾区の運営する、葛飾区郷土と天文の博物館は1991年7月から運営が始まり、展示は歴史学、民俗学、考古学、埋蔵文化財、文化財、天文学の6部門があり郷土展示や天文展示などがありますが、中でもプラネタリウムがおすすめです。2018年にリニューアルされたプラネタリウムは、専門職員による生の解説とほかでは見られないオリジナルの番組が楽しめます。漆黒の夜空にきらめく星々がリアルに再現されています。緻密なシミュレーション映像をドームいっぱいに映し出す最新デジタル式プラネタリウムが、迫力ある美しい星空を映し出してくれます。また隣の立石周辺の飲屋街は飲兵衛の間では有名で、南口にある立石仲見世商店街には安くて美味しい飲み屋が多数存在します。ルーツは終戦後の闇市から始まっていて今でもその佇まいを忠実に残している、都内でもまれに見る商店街です。

生活スタイル

お花茶屋駅は京成電鉄・京成本線の駅で、運転系統は各駅停車のみですが、山手線に乗り換えが可能な日暮里駅まで最速で12分で、ターミナル駅の上野に隣接している京成上野駅までも最短16分の好立地です。混み具合は、各駅停車のみの利用駅ということもあり比較的落ち着いています。閑静な住宅街が広がる駅周辺は商店街やスーパーが点在しており、日常生活で必要なものは大抵揃います。また、葛飾区役所も比較的近くに位置しているので、いざという時に便利です。南北に伸びる道路は整備されており、緑も多くとても綺麗な道が続いています。駅周辺に娯楽施設はほとんどありませんが、近隣にはアリオ亀有や大型のドンキホーテがあるので少し足を伸ばせはショッピングも楽しめますまた、都心までアクセスの良い立地なので、都心へ出かけてレジャーを楽しむことも気軽にできます。