新柴又駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

新柴又駅の物件一覧

新柴又駅の物件1物件2部屋が公開中!

新柴又駅は北総鉄道北総線の駅で、ラッシュ時は混雑するものの比較的混雑は少ないです。周辺には柴又帝釈天や寅さん記念館が立地しています。
オークハウスのアパートの賃料相場は約74,000円と同じ地域の平均賃料と比較して安くなっています。
少し歩いたところに寅さんで有名な柴又帝釈天があるので、身近に観光気分を味わうことができます。また、街全体が落ち着いた雰囲気なので、のんびり過ごしたい人にはぴったりです。


新柴又の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥74,000

新柴又の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

新柴又駅は東京都葛飾区柴又5丁目にある北総線の駅です。運転系統は北総線の急行と各駅停車が利用できます。北総線の区間は隣駅の京成高砂駅までですが、そのまま京成線、都営浅草線、京急線へと接続しており、上野方面、浅草・品川方面・西馬込方面・羽田空港方面と多様な場所へ接続しています。電車を選べば乗り換えなくいろいろな方面に出かけることができますが、本数は少なめです。通勤時間帯の混雑も比較的少ないです。この列車は千葉ニュータウン建設に伴って計画された路線で、比較的新しい路線です。駅は15駅しかなく京成高砂と印旛日本医大をつないでいます。この列車は運賃が高いことが有名で利用者の間では「財布落としても定期券は落とすな」と言われるほどです。2010年より開通した成田アクセス線を利用すると成田空港へも行くことができます。駅周辺はあまりお店はありませんが、高架下には24時間営業のスーパーやコンビニがあり、駅周辺にドラッグストアもあるので生活必需品は揃えることができます。

見どころ

新柴又駅周辺は下町の雰囲気が残る住宅街が広がっています。特に有名なのは柴又帝釈天です。柴又帝釈天とは日蓮宗の寺院の通称で正式名称は経栄山題経寺です。旧本山は大本山中山法華経寺、親師法縁です。「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すのですが地元では、題経寺の略称として用いられることも多く、柴又帝釈天と呼ばれています。ここは映画『男はつらいよ』の主人公寅さんの故郷という設定になっていたこともあり、観光地としても人気です。寅さん記念館が作られるほどの人気で、記念館には寅さんがいつも必ず帰ってくる場所、葛飾柴又の団子屋「くるまや」が実際に撮影に使用されたセットで再現されています。また、記念館のそばには建築様式が伝統的な書院造りと洋風建築を包括した作られた山本亭があり、大正ロマンと昭和初期の時代の建物と立派な日本庭園を楽しむことができます。街全体に昔ながらの雰囲気が残っている印象です。

生活スタイル

新柴又駅は北総線の駅で運転系統は北総線・急行と各駅停車が利用できます。登り列車の場合、新柴又の次の駅である京成高砂で北総線の区間は終了し、京成本線に乗り入れます。京成本線の終着としては京成上野と押上方面の2方面あり、押上方面はさらに浅草線、京急線と乗り入れています。本数は少ないものの都内へのアクセスは良いと言えます。ラッシュ時も混雑はするもののすし詰め状態にはならない程度です。駅の高架下には24時間営業のスーパーやコンビニがあり、近隣にもお店が点在しています。日常生活に困るわけではありませんが、多少不便を感じることもあると思います。ショッピングや飲食に関してもあまり店舗はなく、ほかの主要駅に行く必要がありますが静かに落ち着いた生活を送りたい場合にはとてもあっていると思います。