湯島駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

湯島駅の物件一覧

湯島駅の物件1物件10部屋が公開中!

湯島駅は東京メトロ千代田線が乗り入れる駅で、特に通勤の時間帯は大手町方面に向かう列車が混雑しています。周辺には、湯島天神(湯島天満宮)、旧岩崎邸庭園などが立地しております。オークハウスのシェアハウスの賃料相場は、約57,000円と同じ沿線の平均賃料と比較してほぼ同じです。周辺には利用できる駅やお店も豊富で暮らしやすいエリアです。都心部の割に治安状態も良好なので安心感を持って生活できます。


湯島の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥57,320

アパートメント

平均 ¥0

湯島の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

湯島駅は東京都文京区にあり、東京メトロ千代田線が走る駅です。1969年に開業し、1日あたりの乗降客数はピーク時に比べると7,000人程度減少しています。しかしここ最近は増加傾向にあり、1日あたり3万5,000人台後半となっています。2017年度における乗降客数の順位は、東京メトロ全体の中で130駅中103位という実績です。隣駅は上り方面側に新御茶ノ水駅があり、その反対側に根津駅があります。大手町駅まで2駅というアクセスの良さが非常に魅力的で、駅から徒歩すぐの場所にある上野御徒町駅を利用することもでき、乗り換えも容易です。乗り場は1番線と2番線があり、1番線が千代田線の大手町・代々木上原方面行き、2番線が北千住・綾瀬方面行きです。

見どころ

湯島駅の近くには、湯島天神(湯島天満宮)、旧岩崎邸庭園などがあります。湯島天神は主祭神が天之手力雄命、菅原道真の神社であり、初詣や受験前のシーズンになるとたくさんの人たちが周辺地域はもちろん、様々なエリアから押し寄せています。修学旅行の目的地になることも多く全国的に名が知られていて、例祭は毎年5月25日に開催されています。創建は458年のことと言われ、当初は天之手力雄命だけを祀っていました。しかし約900年後の1355年に菅原道真を勧請して合祀しています。創建に関する説は複数あり、1355年という説も存在しています。江戸時代に入って以降より多くの人に親しまれるようになり、2000年にはもともとの名称から現在の湯島天満宮に名称変更がなされています。(通称は湯島天神)旧岩崎邸庭園は湯島駅から300mほどの場所にある圧倒的な存在感を誇るスポットです。現存している建物ができる前に三菱グループの創始者でもある岩崎弥太郎氏が購入したとして知られていますが、それ以前も名だたる武士たちが生活をしていました。今の立派で海外的な建造物は財閥の三代目によって作られ、明治29年に竣工しています。関東大震災や戦争を経験したにもかかわらず生き残り、今でも美しい姿を見せてくれます。建物のすぐ隣には大規模な庭園が整備されており、一部大名庭園を思わせる風情を感じさせてくれます。多くの重要文化財があり、美しく咲き誇る木々もたくさん植えられていて季節によって良い意味で変化を与えてくれます。

生活スタイル

湯島駅の近くは都心近くの割には比較的治安状態が良く、安心して暮らすことができます。徒歩圏内に複数のスーパーがあり、北側を中心にドラッグストアもあります。すぐ近くに上野御徒町駅や上野広小路駅などがあり、交通の利便性は非常に優れています。あっという間に都心部に出向くことができ、大動脈の中心ともいえる東京駅までは数分でアクセス可能です。バスを使えば上野にも10分程度でアクセスできますし、新宿駅や渋谷駅、池袋駅にも20分程度で行くことが可能です。湯島駅が誇るメリットは様々ありますが、やはり交通網の充実やそれによる通勤や通学の行いやすさは魅力です。大規模病院や教育機関、公的機関なども周辺にはたくさんあるので各種手続きや利用が気軽にでき、都会ならではの恩恵が受けられます。