JR横須賀線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

JR横須賀線の物件一覧

JR横須賀線の物件11物件292部屋が公開中!


JR横須賀線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥53,602

アパートメント

平均 ¥80,586

JR横須賀線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

JR横須賀線は東京駅から横須賀市の久里浜駅までを結ぶ路線です。東京駅や新橋駅、品川駅、横浜駅など関東を代表する駅を通っているので、利用者数もとても多くなっています。その多くは、横須賀市や逗子市、鎌倉市から東京都内や横浜市内に通勤するサラリーマンです。横須賀線が誕生して100年以上が経過していることからもわかるように、重要な大動脈として活用されています。また近年では武蔵小杉駅周辺が東京のベッドタウンとして大きな注目を集めており、駅周辺にはタワーマンションが次々と建設されて、移り住む人たちが急増しています。路線距離は総距離73.3㎞。一部区間では湘南新宿ラインの列車が同じ線路を走るため、新宿や池袋方面に行きやすい点も魅力です。日常的な通勤のみならず、新幹線駅にも行きやすい横須賀線は特にビジネスマンに重宝されています。また成田エクスプレスが運行されている路線でもあるため、成田空港まで乗り換えなしでアクセスすることも出来ます。

見どころ

横須賀線には全部で19の駅があり、特に東京都内に位置している駅の多くは知名度が高いところばかりです。もともと日本の中心地として栄えていた東京駅周辺は、近年の再開発により「Tokyo Station City」が誕生しました。新しくできた超高層ビルや各種施設は様々な人たちにとって見どころの多いスポットになっています。品川駅には「マクセル アクアパーク品川」があり、都会の真ん中にある水族館として多くの人が訪れています。横浜駅周辺には若者や高齢者など、年齢を問わずに誰もが楽しむことができる商業施設やレジャースポットがたくさんあります。同じく神奈川県内の北鎌倉駅の近くには歴史ある「円覚寺」、「建長寺」、「明月院」、「東慶寺」があり様々な地域から多くの観光客が訪れています。横須賀駅は海が目の前にあり、潮風を感じながらの散策が楽しめるほか「ヴェルニー記念館」で造船や製鉄で有名な横須賀の歴史に触れることもできます。

生活スタイル

横須賀線の沿線に住む人たちは通勤の利便性に魅力を感じているケースが多いです。特に神奈川県内の横須賀線の駅は東京のベッドタウンとしての機能をもっており、例えば横須賀駅や鎌倉駅が住宅の最寄り駅であったとしても乗り換えることなく東京駅、品川駅、新橋駅といったオフィス街にアクセスできるのはかなり大きなメリットです。しかしこの沿線エリアの駅は決して家賃相場が安いわけではありませんので、より良い暮らしをするためには東京都から少し離れた場所に住む必要があります。東京23区内や横浜駅近辺にある駅は例外ですが、神奈川県内の横須賀線の駅は比較的のどかなエリアが多く、自宅の周辺に複数のスーパーをはじめ日常生活を送るにあたって有益な施設が多数存在しています。また逗子や横須賀、鎌倉といった湘南エリアは海辺の街なので、都内や横浜市内で勤務しながら、週末はマリンスポーツを楽しみたいという人にとっては理想的な居住地として強い人気を得ています。