京成金町線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

京成金町線の物件一覧

京成金町線の物件2物件18部屋が公開中!

京成金町線は全駅数が3駅(京成高砂駅、柴又駅、京成金町駅)で、路線の総距離がわずか2.5kmという全国的に見てもとても規模の小さな路線です。


京成金町線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥45,273

アパートメント

平均 ¥0

京成金町線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

京成高砂駅には京成本線や成田空港線、北総線などが走り、京成金町駅ではJRの常磐線に乗り換えることができ、通勤や通学で利用する人が多いのが特徴です。すべての駅が東京都葛飾区にあり、住宅街を駆け抜ける形です。東京都心部や千葉県へ行く際に乗り換え目的で乗車するケースが多く見られ、沿線地域に住んでいる人以外も多数利用しています。 駅数は少ないながらも柴又駅を擁していて、ここには柴又の帝釈天や葛飾柴又寅さん記念館、矢切の渡しもあるため注目度が高くなっています。京成本線で成田空港から京成高砂駅まで来て金町線に乗り換え、柴又へ行くというルートも確立されています。 この区間を鉄道が走り始めたのは明治32年のことで約120年経過しています。駅名や運営元の変更はありましたが、大きな変更点がない点も金町線の特徴です。

見どころ

京成金町線沿線にある見どころは柴又駅周辺に集中しています。「柴又帝釈天」は1629年に開基されたと言われており、1700年代後半から特に多くの人が信仰するようになりました。今では参拝目的で訪れる人が数多くおり、映画「男はつらいよ」や漫画「こち亀」などにも頻繁に登場しています。境内には二天門や帝釈堂、さらに彫刻ギャラリーもあり美しい彫刻作品を見ることができます。元旦には四方拝、祈祷会、そして2月3日には節分会が開かれるなど、年中を通して行事が行われています。 また近くには「葛飾柴又寅さん記念館」があり、1997年の開館以来寅さんをファンがたくさん訪れています。葛飾区きっての人気スポットでもあり、「男はつらいよ」に関する知識スペースや再現スポットなどは昭和の時代を感じさせてくれます。「男はつらいよ」を直接観た人以外も昔懐かしい雰囲気を肌で感じられる見どころです。売店では貴重な商品が販売されています。

生活スタイル

金町線は3駅のみのためそれぞれの駅による生活スタイルの違いはそれほど見られず、下町情緒のある暮らしが実現可能です。スーパーをはじめ日常生活に必要なものは駅周辺で揃いますし、近くにはたくさんの商店街があります。比較的低価格で食べ物を販売している所もありますし、賃貸物件の家賃相場も東京都内の中では比較的安く設定されています。ですが23区内のあらゆるところに行きやすいメリットがあるため、コストパフォーマンスは高いと評判です。3駅中2駅が他の路線も乗り入れていますし、バスをはじめとした交通機関も非常に本数が多く利便性が高くなっています。 東京ならではの利便性を確保しつつ、下町風情の中で生活ができるので、地方から上京してきた人たちにとっては理想的でしょう。「東京=人情味に薄い」というイメージもありますが、京成金町線沿線付近は人間同士の心温まる触れ合いが他の地域に比べて多いようです。