多摩モノレールのシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

多摩モノレールの物件一覧

多摩モノレールの物件1物件24部屋が公開中!

多摩モノレール(多摩都市モノレール線)は多摩市の多摩センター駅と東大和市の上北台駅を結ぶ路線で、全19駅で構成されています。


多摩モノレールの賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥81,333

多摩モノレールの入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

他には立川市や日野市、八王子市も通過しており、多摩周辺地域における重要な交通手段となっています。路線の総距離は16.0km、開業は1998年と比較的最近で、車体デザインは先進性を感じさせるものとなっています。東京23区外は東西に走る路線は複数ありますが南北に走る路線は非常に少ないのが現状で、その対策のために実現されました。通勤ラッシュ時は数分おきに運行されていますが、それ以外は10分毎の運行となります。一般的な電車に比べて高いところを走るケースが多くなるので見晴らしが良く、モノレールへの乗車目的で訪れる人も少なくありません。延伸計画もあり近い将来路線距離が大幅に伸びる可能性があります。 全19駅のうち5駅は他の路線に乗り替えることができ、一度の乗り換えで都心部へのアクセスが可能です。

見どころ

多摩センター駅の周辺にはサンリオピューロランドがあります。ハローキティをはじめとしたキャラクターで有名なサンリオのテーマパークです。家族で、カップルで、友だち同士で訪れることができる見どころスポットとして有名で、様々なアトラクションやキャラクターに会えます。ピューロビレッジとサンリオタウン、レインボーホールに分れていて目的別に選べます。大好きなキャラクターに会え、また貴重なグッズの購入もできるため日本全国からファンが訪れています。 そして多摩動物公園駅すぐの場所にある多摩動物公園はアジアやアフリカ、オーストラリアの動物を中心に展示されていて、希少な昆虫もいるのが特徴です。比較的都心部からアクセスしやすいところにあるので、ファミリー層の利用やカップル利用が多くみられます。多摩都市モノレール線沿線周辺に住んでいると乗り換えることなく楽しめ、日々の生活で出会うことのない動物と触れ合えます。トキの繁殖については国内でも類をみない成果を挙げ、国際的な注目を浴びました。初心者でもうまく園内を回れるようなおすすめコースが5つ設けられていて、時間や見たい動物の種類によって選び分けられます。動物解説員によるガイドツアーも人気です

生活スタイル

多摩モノレールには全部で19の駅があるためそれぞれ事情は異なりますが、住宅街や学生街が多く比較的治安も安定しています。周辺相場に比べて飲食店での食事も安い傾向にあり、賃貸物件のコストパフォーマンスも期待できます。利便性を重視するのであれば乗り換え路線がある駅、家賃の安さを重視する場合はそれ以外から選ぶことがおすすめです。いずれの駅周辺にも日常生活に欠かせない店舗が備わっており家族全員様々な層の人たちが暮らしやすいでしょう。 通勤や通学における乗り換えにも特に不自由しませんし、立川エリアはJRへの乗換えだけでなく、各種百貨店や施設が豊富で良い生活スタイルを確立しやすいです。便利さと家賃とバランスが取れていて新たに移住する人が多くみられるエリアとなっています。