都電荒川線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

都電荒川線の物件一覧

都電荒川線の物件2物件20部屋が公開中!

都電荒川線は東京都荒川区、北区、豊島区、新宿区を結ぶ路面電車で、一般的な鉄道とは一線を画しています。


都電荒川線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥56,160

アパートメント

平均 ¥0

都電荒川線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

街中を走っているので目に付きやすく東京都民にとってなくてはならない存在です。荒川区の三ノ輪橋をスタートし新宿区の早稲田駅まで全部で30の停留所で構成され、路線の総距離は12.2kmです。JR線や地下鉄線などの駅そばに都電荒川線の駅が設けられていることもあり、地下鉄などが乗り入れていない場所に行く際に利便性を発揮します。都電荒川線という名前は親しみにくいという意見もあり、2017年には「東京さくらトラム」という愛称が付けられました。一見バスのような見た目でワンマン運転がなされており、前のドアから乗り、後ろのドアから降りるという都バスと同様の方式を採用しています。通勤や通学のみならず、旅行にやってきた観光客が利用することも多く、一つの思い出作りにもなっているようです。東京都交通局が所有・運営しており、線路数は複線化がなされています。通常の鉄道とは異なり車道を走ることになるので最高時速は時速40kmとのんびりしたスピードです。

見どころ

都電荒川線は30の停留所があるので、その近辺には様々な見どころスポットがあります。東池袋四丁目停留場近くにはサンシャイン水族館があります。大都心部にありながら本格的な水族館が作られ、大きく分けると大海の旅、水辺の旅、天空の旅の3つで構成されています。ケープペンギンやマンボウ、クリオネ.カクレクマノミなどが展示され、さらに毎日様々なパフォーマンスイベントが設けられています。アシカやペンギン、ペリカンによるショーをはじめ、探検ガイドツアーなどもあるので誰もが楽しめるでしょう。 飛鳥山の停留所近くには飛鳥山公園があり、ここは春になると美しい桜を見ることができます。江戸幕府の将軍の中でも知名度が高い八代将軍徳川吉宗が整備などを行ったことで有名で、当時からお花見スポットとして有名でした。昔ながらの桜賦碑などが残されており歴史を感じさせます。今では飛鳥山博物館や紙の博物館、渋沢資料館があり、他にも蒸気機関車や電車の保存を行っています。都心におけるオアシスのような存在で、家族でのんびり過ごしたい時にはおすすめのスポットです。

生活スタイル

都電荒川線は東京23区の北側を走り停留所と停留所の間の距離は地下鉄やその他鉄道よりも短めです。そのため荒川線近くに住む人たちは便利なバス感覚で利用でき、買い物の際やちょっとした用事の際にも重宝しています。一部都市部を通過するものの、沿線は概ね下町色が強いエリアで、スーパーでの買い物や商店街散策で困ることはありません。賃貸物件の家賃相場もそれほど高くないので、コストをかけずに生活スタイルを確立したい人にもおすすめです。沿線周辺は都電荒川線だ以外の路線も利用しやすい環境にあり、23区のいたるところに行きやすくなっています。商店街では惣菜類なども安く販売されているため、忙しい独身世帯や共働きのファミリー世帯にも人気があります。都会の利便性の良さと程よい下町感も味わえる地域が多く、都電荒川線沿いはコストパフォーマンスが高いと言われています。