0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

タイトル

テキスト

ボタンテキスト

  • ※注釈テキスト

グラン宝塚(大阪)

  • グランシリーズが遂に2019年2月、関西エリア初OPEN!!
  • 完成編

グランシリーズが遂に2019年2月、関西エリア初OPEN!!

オークハウスが運営するシェアハウスのシリーズのひとつである、グランシリーズがついに関西エリア初オープンします。記念すべき関西エリア最初のグランとなる場所が兵庫県宝塚市に決定しました!今回は初の兵庫県宝塚市が一体どんな場所なのかを物件オープン前に調べてきました♪♪宝塚周辺オススメスポットを紹介します!

【阪急電鉄 宝塚線 宝塚駅】

『宝塚市』について紹介します
宝塚市は兵庫県の南東部に位置し、緑豊かな自然もあり、治安も良いので関西では「住んでみたい街」としても人気が高いエリアとなっています。宝塚と言えば「宝塚歌劇団」の本拠地である「宝塚大劇場」や「手塚治虫」が5歳から24歳までの約20年過ごした地として有名な街です。温泉地としても有名な宝塚の街の近くには「武庫川」が流れています。河川敷がきれいに整備されているので、休日には川辺に腰かけ、ゆったりと時間を過ごしている人の様子がみられます。また「宝塚大橋」からは武庫川、宝塚大劇場、阪急電車の通過が一度に楽しめることから人気スポットしても有名です。

【宝塚駅】街を流れる武庫川

【宝塚駅】宝塚大劇場沿いの「花のみち」

女性が憧れる「かっこよさ」、出演者は全て女性

【宝塚駅】宝塚劇場

女性が憧れる「かっこよさ」、出演者は全て女性

1914年に開幕、大正時代の約100年前から続いている宝塚歌劇団。その魅力は全て女性の出演者、更に女性が演じる男性は本物の男性よりも「かっこいい」と多くの方を魅了します。女性が演じるからこそ、男性にはない違った魅力もあるのでしょうか。宝塚歌劇団のファンは女性が多いというイメージですが、最近では男性ファンも増えてきているようです。またチケットも約3,000円〜という値段ですので、ぜひ一度は訪れてみたい場所のひとつですね。

【宝塚歌劇団】創業者・小林一三の像

【宝塚駅】駅目の前の歌劇団像

大正時代に開発されたお屋敷が広がる高級住宅街

大正時代に開発されたお屋敷が広がる高級住宅街

駅の名前の読み方が難しい!!読み方は「ひばりがおか はなやしき」と読みます。宝塚市と川西市の境にあり、名前の通りお屋敷が立ち並ぶ住宅街です。駅の北側は閑静な住宅街となっており、今回オープン予定の「グラン宝塚(大阪)」は駅の北側へ徒歩5分の場所にあります。
大阪・梅田までは快速急行で約20分(乗り換え無し)のアクセスの良さ。また、普通電車が始発の駅でもありますので、約30分と時間はかかりますが、始発の電車に乗り、座って通勤もすることができます。また、大阪国際空港(伊丹空港)まで約5キロメートル圏内のため、電車で約25分、車でも約20分という場所にあり、空の便までも気軽に利用できるのは嬉しいポイントです♪♪

【雲雀丘花屋敷駅】駅前の様子

【阪神電車】車両の色が特徴的

【雲雀丘花屋敷駅】専門店などお店も並んでいます

安藤百福発明記念館 カップヌードルミュージアム大阪池田

安藤百福とその妻をモデルにしたドラマで有名!
誰もが食べたことのあるであろう馴染みの深い味、チキンラーメン。その生みの親である安藤百福が創業者である日清食品のインスタントラーメンの製法や改良の歴史、世界各国のパッケージなどが展示されています。有料にはなりますが、スープの種類や各種トッピングを自分で選んでオリジナルのカップヌードルを作ることができます。休みの日にハウスメイトと一緒に遊びに行くと楽しいこと間違いなし!

【カップヌードルミュージアム】チキンラーメンが誕生した研究小屋を再現

【カップヌードルミュージアム】宇宙食にもなってます

大阪国際空港(伊丹空港)

大規模リニューアルで更に満喫できる施設
「雲雀丘花屋敷」から4駅10分の「蛍池」から大阪モノレールに乗り換え1駅のところに大阪国際空港はあります。国際空港という名称ですが、現在は国内線のみ。2018年4月に50年ぶりの大規模リニューアルされ、とてもお洒落で綺麗なお店がオープンしました。グラン宝塚(大阪)からでも約30分で行けるので、旅行や出張時にも空の便を快適にご利用いただけます。

【大阪国際空港】リニューアル後のフォントがかわいい

【大阪国際空港】広々展望デッキは眺望◯

【大阪国際空港】全体的にまとまりのある上質空間

下町の雰囲気漂う商店街「豊南市場」

大阪庶民の台所
「庄内」駅から徒歩1分、大阪中央卸売市場より新鮮な食材が安い値段で購入できる豊南市場。遠方からも多くの方が訪れ、年末の賑わいは風物詩のひとつ。対面販売になるのでお店の方と会話することもまた楽しみですね。市場周辺は他にも個性的なお店が多くならんでいるので、ついつい寄ってみたくなったり、少し懐かしい雰囲気の街並みを楽しむことができるのも庄内の魅力。

【豊南市場】

【豊南市場】肉、魚、野菜の他にもいろいろあります

【豊南市場】つい歩いてみたくなる庄内銀座通り

編集後記
今回はおさんぽ隊(入門編)ということでグラン宝塚(大阪)の周辺や、宝塚市、阪急宝塚線沿いの魅力をいくつご紹介いたしました。気品溢れるエリアから、高級住宅街、懐かしい雰囲気の漂うエリアなどこの他にもまだまだ書ききれないくらいの魅力がありますので、みなさんそれぞれのお気に入りを発見するのもまた楽しみのひとつではないでしょうか。大阪市内だけでなく、神戸方面、京都方面、さらには大阪空港から日本各地にもアクセス良好なグラン宝塚(大阪)で新しい暮らしや発見をしてみませんか。次回は、グラン宝塚(大阪)のハウスについて紹介予定ですので乞うご期待ください!