ひばりケ丘駅(東京)のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

ひばりケ丘駅(東京)の物件一覧

ひばりケ丘駅(東京)の物件2物件19部屋が公開中!

ひばりヶ丘駅は、西武鉄道池袋線が乗り入れる駅で、ラッシュの時間帯の混雑度合いは非常に高いです。周辺にはひばりが丘パルコや竹林公園が立地しています。シェアハウスの賃料相場は、約46,000円と同じ沿線の平均賃料と比較して安くなっています。商業施設が充実し、パルコの中には実生活で必要な商品を販売しているお店も多数あります。池袋駅や渋谷駅にも行きやすく、都心部へのアクセスが便利なのも嬉しいポイントです。


ひばりケ丘(東京)の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥46,211

アパートメント

平均 ¥0

ひばりケ丘(東京)の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

ひばりヶ丘駅は東京都西東京市にあり、西武池袋線が走る駅です。1924年に「田無町駅」という名称で開業し、1959年に現在の駅名に変更されています。1960年にホームの形を大幅に変更させ、この時の工事で作られた2面4線が今でも利用されています。1967年には橋上タイプの駅舎を活用し始め、その後2003年にも大規模な工事が行われています。この段階でバリアフリー化が進み、結果的に利用しやすい駅に生まれ変わりました。改札階と各ホームをエレベーターで結び、また改札階と地上のそれぞれの出口をエレベーターで結んでいます。改札階の改札内部エリアにトイレが設置され、車椅子にも対応した多機能トイレがあります。停車する電車の種類は多く、各駅停車、準急、通勤準急、快速、急行、快速急行が停車します。1日あたりの乗降客数は7万人程度と2000年代に入ってから順調に増加しています。

見どころ

ひばりヶ丘駅の周りには、ひばりが丘パルコや竹林公園などがあります。ひばりが丘パルコは地下2階から地上5階(地下2階部分には駐車場があり)で構成されていて、主にファッションアイテムを取り扱っているものの、バラエティグッズや生活用品、美容グッズなども販売し、最上階にはレストランやクリニックなども備わっています。地下1階部分は2018年初夏に工事が完了し食品スーパーが誕生する予定です。主に若者をターゲットにしたブランドの店舗が出店しており、無印良品や100円ショップのキャンドゥ、ユザワヤなども出店しています。そして竹林公園は厳かで神聖な世界を垣間見ることができます。非常に立派に育った竹が多く存在し、公園でもあるのでゆったりと過ごすことも可能です。散歩道として活用することもおすすめで、いつもとは違った静まり返った環境の中でウォーキングが楽しめます。

生活スタイル

ひばりヶ丘駅エリアはパルコをはじめとした商業施設が豊富にあり、毎日の買い物やファッション用品の買い物で重宝します。比較的栄えていますが、懸念されがちな治安状態は良好で安心して生活できそうです。また交通アクセス面での利便性に優れており、池袋駅までは乗り換えることなく約15分程度でたどり着け、渋谷にも30分程度で行くことができます。新宿駅にも30分程度、さらに東京駅も30分台で行けるので、ビジネス面だけでなくプライベートの用事の際にもとても便利です。快速急行や急行、快速列車なども停車し、周辺地域の中でも評判が高いエリアです。駅の周りにはスーパーが比較的多くあり、さらに2018年の初夏にはパルコ内部にスーパーができるためより買い物しやすくなります。駅周辺は買い物スポットだけでなく飲食店も豊富で、一人暮らし世帯もファミリー世帯も暮らしやすいです。スーパーだけでなく、ドラッグストアや100円ショップもあるため、駅から自宅に帰る途中に気軽にショッピングができます。