志茂駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

志茂駅の物件一覧

志茂駅の物件1物件6部屋が公開中!

志茂駅は、東京メトロ南北線が走る北区の駅です。一日の平均乗降客数はが東京メトロ全駅の中でも下から2番目という少なさで、朝夕のラッシュ時を除いてほとんど混み合うことがありません。周辺には「東京都北区立元気ぷらざ」や「赤羽体育館」などが立地しています。オークハウスのシェアハウスの賃料の相場は約56,000円と同じ沿線と比較して安くなっています。
少し歩けば「イオン赤羽北本通り店」があるなど利便性も良いですし、区民が利用しやすい温水プール施設もあり、北区の中で住みやすいエリアの一つと言えるでしょう。


志茂の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥56,267

アパートメント

平均 ¥0

志茂の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

志茂駅は、1991年に営団地下鉄の駅として開業しました。2004年に民営化されたことから、現在の東京メトロへとそのまま受け継がれています。1番線では隣駅の赤羽岩淵が南北線の終着駅ですが、埼玉高速鉄道に接続しており浦和美園駅まで直通で行けます。反対方向である2番線ですと目黒駅を経て東急目黒線へとつながっています。ホームは他の南北線の駅と同様、ホームドアが付いていますので安全性が保たれており、改札階とホーム階の間にはエレベーターおよびエスカレーターが設置されているため、スムーズに移動が可能です。一日の平均乗降人数は約12,000人と、東京メトロ130駅の中で下から2番目に少ないです。そのためホームに人があふれかえるほど混み合うことは、ほとんどありません。

見どころ

志茂駅のすぐ近くには、大きな煙突が聳え立つ「北清掃工場」があります。周辺の建物と比べても飛び抜けて高い煙突であり、駅から歩くとすぐに見えてきます。最近の清掃工場はハイテクであり、周辺が煙かったりニオイが漏れたりということはありません。清掃工場の近くを歩いていても、本当に稼働しているの?と思えるほど静かです。ゴミ焼却の余熱を用いて温水プールを運営している「東京都北区立元気ぷらざ」があるので、住民にとってはメリットも多くなっています。志茂駅から700メートルほど北本通りを進んでいきますと「イオン赤羽北本通り店」があって買い物にとても便利です。赤羽駅寄りにはなりますが、「ダイエー赤羽店・イオンフードスタイル」もあるので、好みに合わせて使い分けることが出来ます。この周辺には「志茂町公園」「北運動公園」「神谷公園」と複数の公園が設けられていて、憩いの場として利用されています。先ほどの「東京都北区立元気ぷらざ」に加え「赤羽体育館」もあり、体を動かす場所はかなり充実しています。

生活スタイル

観光で訪れるようなスポットは、志茂駅周辺にありません。そのため静かな住宅街と言えるでしょう。「イオン赤羽北本通り店」や「ダイエー赤羽店・イオンフードスタイル」といった比較的大きなスーパーマーケットがありますので、食料品をはじめとして日常生活に必要なものは手に入りやすいです。「イオン赤羽北本通り店」には「ノジマ」が出店しているため、家電製品といった大型のものも購入できます。また、志茂駅の1番出口横には24時間営業のローソンがあり、イオンやダイエーが閉店した夜遅い時間帯でも食料等を調達できます。さらに駅の目の前には、ファミリーレストランの「ジョナサン」もあります。「東京都北区立元気ぷらざ」は、ゴミ焼却の予熱を利用した温水プール施設で、高校生以上の大人が2時間で500円とリーズナブルに利用可能。25メートルプールだけでなく、流水プールやウォータースライダーも設置されており、泡風呂のジャグジーも楽しめます。子ども用のプールも設置されていますので、親子連れで訪れる人もいます。定員は392人とかなり余裕がありますが、夏は多くの北区民で賑わいます