西武拝島線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

西武拝島線の物件一覧

西武拝島線の物件3物件246部屋が公開中!

西武鉄道の路線といえば池袋線や新宿線が重要視されていますが、東京都23区外の一部を走っている西武拝島線も長い歴史を有しています。


西武拝島線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥45,606

アパートメント

平均 ¥90,800

西武拝島線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

合計8駅で構成されており、路線の総距離は14.3kmと規模は比較的小さいのですが、この地域で暮らす人たちの重要なライフラインです。小平市にある小平駅から昭島市と福生市に跨る拝島駅までを行き来しており、この沿線エリアは東京都の中でも特に住宅が密集しています。また西武新宿線との直通列車も多く、西武新宿駅まで乗り換え無しでアクセスできる利便性も注目されています。さらに、2018年の3月より「拝島ライナー」の運転がなされることになり話題になりました。一部の時間帯に有料の指定方式の座席が設けられることもありこれまで以上に快適な通勤や通学が可能になると見込まれています。小さな規模の路線だからこそのメリットもありますし、その他の主要路線に比べて混雑しづらい点も魅力でしょう。

見どころ

西武拝島線の合計8つの駅には、それぞれ様々な見どころやスポットがあります。小平駅周辺にはガスミュージアム、小平ふるさと村、多摩六都科学館をはじめとした多種多様な学習スポットがあり、子育て中の家庭にとっては最高の場所となりそうです。萩山駅の周りには地元の利用者も多い小平天然温泉テルメ小川、東村山中央公園があります。気軽に楽しめる天然温泉が身近にあるのは嬉しいですね。そして東大和市駅の近くには小平神明宮が、玉川上水駅周辺には阿豆佐味天神社、南極・北極科学館も存在しています。立川市にある西武立川駅からは昭和の森スポーツセンター、モリタウンがアクセスしやすい距離にあり、終着駅の拝島駅には熊川神社や日吉神社のような歴史ある観光スポットが複数存在しています。駅ごとに多種多様な見どころを堪能することが可能です。西武拝島線は少ない駅数で構成されているものの、様々な魅力溢れるスポットがあるため、彩りのある日常生活を送りやすくなっています。

生活スタイル

西武拝島線はこれまでも西武新宿線との直通運転で人気のあった生活路線ですが、2018年から運行が始まる「拝島ライナー」の登場により、これまで以上に話題になっています。東京において充実した日常生活を送ろうと思えば、電車は必要不可欠です。家族世帯が生活していることの多いエリアのため、生活必需品を買い揃えるためのスーパーやドラッグストア、コンビニなどは必要十分に揃っています。この路線は西武鉄道における主要駅を擁していないこともあり、駅周辺もこじんまりとしていて、都心で働きながらも落ち着いた生活を実現できるのが特徴です。もちろん主要路線に乗り換えることもできるので、必要に応じる形で東京都心に出向きやすい点も大きなメリットでしょう。それぞれの人たちによって理想とする生活スタイルは異なっていますが、拝島線であれば高いレベルの生活クオリティを保ちやすく、大都会の影響を受けすぎることなく自分たちにとって理想の生活を送ることができそうです。