横浜市営地下鉄ブルーラインのシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

横浜市営地下鉄ブルーラインの物件一覧

横浜市営地下鉄ブルーラインの物件8物件212部屋が公開中!

横浜市営地下鉄ブルーラインは神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅まで走行しており、全32駅で構成されています。


横浜市営地下鉄ブルーラインの賃料相場

シェアハウス

平均 ¥59,765

アパートメント

平均 ¥79,125

横浜市営地下鉄ブルーラインの入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

地下鉄路線の中では比較的駅数が多く、東側に迂回する形で線路が走っています。一般的な地下鉄路線とは異なり1号線と3号線に分かれていて、なおかつ2002年に開催されたW杯の応援国がそれぞれの駅に割り振られています。横浜駅や関内駅、桜木町駅、新横浜駅などの主要駅を通過するため利用者も非常に多く、都市エリアや住宅地エリアなど様々な所を通過します。現在あざみ野駅が終着地点となっていますが、新百合ヶ丘駅まで延伸する計画も立てられており、これが実現されればより利便性が高くなるでしょう。1日あたりの利用者は50万人を超えており、1972年の開業依頼、横浜市民、藤沢市民などに活用されています。また湘南へのアクセスにも便利で観光客が活用するケースも見られます。

見どころ

地下鉄ブルーラインの停車駅は32駅あり、なおかつ神奈川県内における主要駅を複数擁しているので、見どころスポットも数多くあります。関内駅のすぐそばには山下公園がありその中には横浜スタジアムが建てられています。横浜DeNAベイスターズの本拠地なのでプロ野球シーズンには迫力ある試合を生で観戦できます。名球会入り選手のプレートの設置や横浜スタジアムならではのグッズを販売している売店もあります。そしてベーブ・ルースとルー・ゲーリッグのレリーフが設置されているため、ベースボールファンにはたまらない場所です。街中にあるのでアクセス的にも便利ですし、近場には様々な施設もあるので野球ついでに楽しみやすいです。 そして桜木町駅は横浜地域における都心部として機能していて、横浜みなとみらい21があり、横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールがあります。子供にとって大人気のアニメ作品のテーマパークとして知られ、アンパンマンに関するぬいぐるみや食べ物の土産店、さらに非常にリアルなキャラクターを模したパン屋も魅力です。さらに子供が率先して髪の毛を切りたがるヘアサロンや写真館も備わっていて、ミュージアムではキャラクターが登場するショーも開催されます。

生活スタイル

地下鉄ブルーラインは横浜駅周辺や都心部分だけでなく住宅街エリアも走行しており、利用駅により生活スタイルは異なります。都心エリアに住むと賃貸物件の家賃は高くなりますが、百貨店利用やイベント参加、テーマパークの利用などは容易に行えます。それに対して路線の北側と南側は多少家賃相場は低くなり、日常使いしやすいスーパーも増えてきます。郊外型のサイズが大きなドラッグストアや100円ショップも街中にあり、電車と自動車の活用で快適な暮らしが実現できます。特に湘南地域は海まで近い距離にあるので、海水浴やサーフィンなどを楽しめます。いずれのエリアもブルーラインに乗れば乗り換える必要なく横浜駅や新幹線が停車する新横浜駅に出向け、ビジネス的にもプライベート面でもメリットがあります。 横浜ブランドを得つつ、日々の生活のしやすさにも力を入れたいのであれば、ブルーラインはおすすめです。