メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

SR Academia横浜

完成編

「Co-living、 Co-working、 Co-learning - Academia Yokohama」オークハウス新シリーズ「アカデミア」の第一号物件が誕生!

「暮らす」「働く」「学ぶ」を叶えるのは、華やかで、どこか懐かしい、大空間ラウンジ。

「Co-living、 Co-working、 Co-learning」オークハウスの手掛ける新しいシェアハウスシリーズ「Academia」第一号の「SR Academia 横浜」 。「暮らす」はもちろん、「働く」「学ぶ」機能までひとつのハウス内に凝縮させた新しいシェアハウスです。

【Academiaホール】積み木の色調もどこか優しげ

【Academiaホール】 シャンデリアにからませた緑が温かい

【Academiaホール】それぞれに歴史を感じるアンティーク小物たち

【Academiaホール】ひとつひとつ表情の違う家具が配置されている

物件の中心にあるのは【Academiaホール】と呼ばれる、華やかなラウンジ。各国から集められたアンティーク家具や雑貨が並べられ、シャンデリアが優雅に光る、異国情緒溢れた空間となっています。

ラウンジは、日々の食堂であり、職場であり、会議室であり、パーティスペースでもあります。
ここでの時間が、文化的で、創造的であるように、設けられた場所。

【Academiaホール】大空間で明るいラウンジ

新しい発想や活発な交流を生み出してくれるのは、ラウンジの開放感。そして、大きな窓の外に広がる庭の存在。もともと、とある会社の社員寮だったこちらの建物には日本庭園があったのだそう。

考えることに行き詰まったら、大きな窓から庭を眺めて、ひと呼吸。仕事のアイデアが自然に浮かんできそうです。緑を眺めながら食事をしたり、物思いにふけったりするのもいいかもしれません。

【Academiaホール】窓から外を眺めてひと呼吸

庭ではBBQもできるそうです。「自宅の庭で友人とBBQ、一度はやってみたかった」と思う方もきっと多いことでしょう。BBQ機材も準備されているのはもちろん、ラウンジにはIHコンロを完備したキッチンが併設されています。最新の調理器具や、お皿なども一式揃うので、BBQ準備も快適に行えそうですね。洗い物専用シンクもあるので他の人が調理中もシンクが混むことがありません。

【庭にあるBBQスペース】新しく立派な機材も追加予定だそう

【キッチン】清潔感溢れるキッチンは明るく開放的な空間

シェアハウスにありそうで、なかなかない、レアなもの。あったら最高にリラックスできるもの。

エントランスホールを抜けて、2階に行ってみましょう。エントランスホールでは豪華なシャンデリアとアンティーク時計が出迎えてくれます。玄関正面にはプロジェクターが設置されており、ハウスの映像が流れています。

【エントランスホール】大きな窓の開放的な空間

2階に到着。シェアハウスにありそうで、なかなかない、レアなもの。あったら最高にリラックスできるもの。そう、こちら!

【大浴場】

【大浴場】

エリアの中でもダントツの大きさを誇る大浴場。信楽焼の狸の置物がお出迎えしてくれます。大きな窓から降り注ぐ明るい陽射しを浴びながら、広々とした浴槽で一日の疲れを癒してください。男女日替わりで利用ができます。(女性は月・水・金・日、男性は火・木・土に入浴可能)

【大浴場に併設された小上がりスペース】

小上がりスペースの隣には【マッサージチェア】

大浴場を出ると、小上がりスペースが。その横には、マッサージチェアも、自販機も完備されています。湯上りに欲しかったものが全部、完璧に、揃っています。

ここでひと休憩するのももちろんよいですが、ちょっと外まで涼みに行きたいな、なんて気分のときもありますよね。とはいえ、お風呂上りに外出するのは、、、なんて心配はご無用です。

大浴場から出てすぐの扉を開けると、こんなに嬉しい場所が用意されているんです。

【テラス】

【テラス】

パラソル付きのテーブルがある開放的なテラス!ライトもついているので、夜でも利用可能です。テラス席に座って涼みながら、風呂上がりに、仕事終わりに一杯...という贅沢を気軽に自宅で叶えられる幸せを感じます。

昼間は、夏は楽しくビアガーデン、涼しくなったらのんびりと読書でもいかがでしょうか。

そうそう、仕事場は、大浴場と同じフロアに用意されていました。じっくり集中したすぐあとに、リラックスできるように、という心配りを感じる配置です。

壁一面の本棚があるスタディルーム。静かな雰囲気で仕事にも、勉強にも、じっくり取り組める空間です。もちろんWi-Fi、コンセント、テーブル照明は抜かりなく準備されています。

【スタディルーム】

【スタディルーム】

ワンフロア下にはセミナールームも用意されています。仕事仲間とのミーティングや、講師を招いての講習会、シェアメイト同士での勉強会などを行えるセミナースペース。ホワイトボードも完備され、多用途の使い方ができますね。

【セミナールーム】

仕事に、勉強に、集中しすぎたら、大浴場以外に、リラックスできる場所をもうひとつ見つけました。

【フィットネスジム】

そう、フィットネスジムがあるんです。ランニングマシーンやバイクが完備されています。頭が疲れたら、体を動かす。大きな鏡の前で、ストレッチやヨガをして、体をほぐすのもいいですね。3階にあるので、運動がてら、気分転換を兼ねて訪れてみては。今後は筋力トレーニンググッズを導入する予定とのこと。

自分だけの、事足りている、快適な空間。

「SR Academia横浜」にはいろいろなタイプのお部屋が用意されていました。

一番気軽に入居できるのが12.96㎡の「シングル」のお部屋。
室内物干し、エアコン、収納、シングルベッド、照明器具、デスク、イス、冷蔵庫がすべて事前に備えられています。iphoneのワイヤレス充電器もついています。手狭にはなりますが、定員は2名(要追加料金)なので友人同士やカップルでの利用も可能だそうです。

【シングルのお部屋】

【収納たっぷり】

【iphoneのワイヤレス充電器も用意されています】

そして、先ほどのタイプに「広ーいバルコニー」がついたお部屋もあります。
晴れた日は、このバルコニーで朝食を食べたり、珈琲を飲んだりしてゆったりするのもいいですね。自分だけの貸し切りです。

【バルコニー】

【バルコニーから明るい光が差し込み開放的な室内】

【収納はもちろん大容量です】

プレミアムな居室「特別室」も用意されていましたよ。和洋それぞれ1部屋ずつ、2部屋しかない特別な空間。和室タイプはまるで旅館のようなしつらえ。約10畳の広さに、大きなローベッドが置かれ、専用のバルコニーがついています。自宅でありながら、どこかのホテルに泊まりにきたような非日常感が味わえる空間になっています。

【特別室】

【広々とした専用バルコニーも】

【床の間だった場所が大収納スペースに】

シャワールーム、お手洗い、パウダールーム、ランドリールーム、喫煙所はお部屋の外に共用で設けられています。もともと社員寮だったこともあり、多くの人がある程度一斉に利用しても、混みあうことがないよう十分な数があります。女性専用・男性専用のスペースも用意されていることも、より安心して利用できるポイントですね。

【ランドリールーム】

【女性専用スペースの表示】男性専用スペースも

【シャワールーム】

また、今までのソーシャルレジデンスの+αの設備として、建物内に「マンスリーレンタル倉庫」が設けられています。自分のお部屋の中には、日常で頻繁に使うものを中心に、レンタル倉庫には、趣味の荷物や大量の書類、季節ものの衣類や家電など、分けて収納することもできます。家から出なくても生活していくことが出来るよう工夫が凝らされていますね。(マンスリーレンタル倉庫は有料・区画により金額は異なります。)

【マンスリーレンタル倉庫】

ちなみに、居室内へのテレビやPCの持込はもちろんOKですが、大音量で映画や音楽を楽しみたいときありませんか?忙しい日々の暮らしから少し離れて、豊かな時間をくれる、そんな空間も準備されていましたので、たまには息抜きに利用されてみてはいかがでしょうか?

【シアタールーム】

住まいとは「暮らす」場所です。食事をしたり、眠ったり、寛いだりする場所です。

今まで切り分けられてきた、「暮らし」「働き」「学ぶ」場所を共存させることは、慣れるまでは違和感がある方もいるかもしれません。

でも、本当はそれがとても魅力的なことだと、気付き始めている方も多いのではないでしょうか?

ライフスタイルをもっと豊かに、もっと快適に、してみませんか?
日々を彩る、この場所から。

編集後記
「かゆい所に手が行き届いてる物件」だと思いました。従来のシェアハウスの一歩、いや、数歩先を行く「SR Academia」。暮らしの質を上げながら、仕事場として、学び場として、そして人とのつながりの場所として、この空間を自宅にできることはとても豊かで、合理的な選択だと感じました。
(ライター/SAYO) (Photos /TOMO)