東急多摩川線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

東急多摩川線の物件一覧

東急多摩川線の物件5物件47部屋が公開中!

東急多摩川線は、東京都大田区の多摩川駅と蒲田駅とを結ぶ路線です。


東急多摩川線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥60,585

アパートメント

平均 ¥0

東急多摩川線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

全区間が東京都大田区内に所在しています。路線距離は5.6キロで、駅数は全部で7駅しかないとても小さな路線です。かつては「目蒲線」として品川区の目黒駅までを結んでいましたが、東横線田園調布駅から武蔵小杉駅間の複々線化工事が完成し、2000年から目黒駅において東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線との相互直通運転を実施するために路線再編が行われ、目黒駅から武蔵小杉駅間を「目黒線」、残った多摩川駅から蒲田駅間が分離されて「多摩川線」とされました。運転される列車は各駅停車のみで、池上線と共通の車両が使用されます 。基本は多摩川駅〜蒲田駅間の折り返し運行で途中駅での折り返しはありませんが、一部に蒲田駅を経由して池上線と直通し、五反田行きや雪が谷大塚行きとなる列車があります。路線はその名前の通り、多摩川に沿うように走っており、ほとんど全ての駅から多摩川の河川敷が徒歩圏内になっています。

見どころ

多摩川に沿って走っている路線なので、多摩川に数多くある緑地が主な見どころとなっています。始発の多摩川駅近くにある「多摩川台公園」は多摩川に沿って伸びる丘陵地に約750メートルにわたって展開している公園です。面積は67,154平方メートルと広大で、自然林の道や古墳、展望台、水生植物園、四季の野草園、あじさい園、山野草のみち、3つの広場など多くのみどころがあります。また、亀甲山古墳、宝莱山古墳をはじめとする多摩川古墳群の散策や、桜、あじさい、ホタルブクロ、彼岸花など四季折々の花も楽しめるため、季節を問わず家族連れを中心に賑わいます。下丸子駅から15分ほど歩いた多摩川河川敷には、ガス橋を起点として上流に約900m、下流に約700m、計1.6kmにわたる「多摩川ガス橋緑地」があります。その広さは東京ドーム2.6個分もあり、野球場が9面、少年野球場が1面、サッカー場が1面、小球技場が1面、テニスコートが5面、遊具広場が1つ、ゲートボール場などから構成されています。週末には多くの野球少年やスポーツを楽しむ人が訪れ、スポーツを楽しんでいます。

生活スタイル

路線が全て大田区内のしかも多摩川近辺に位置しているため、周辺は主に住宅街となっており、賃貸住宅の戸数は比較的豊富で、賃料相場も都心に比べれば落ち着いています。ただし、多摩川線だけでは都心へアクセスが出来ないため、多摩川駅で東横線や目黒線に乗り換えるか、蒲田駅でJR線や池上線に乗り換える必要があり、沿線住民の方々もそうした経路で通勤通学をする人が多いようです。蒲田駅を除き、小さな駅が多いですが、それでも生活用品などを扱う店舗は十分にあるので、生活に不自由をするようなことはありません。沿線全体が落ち着いた雰囲気を持っているため、都内でかつ落ち着いた雰囲気の街で暮らしたいという方にはおすすめしたいエリアになっています。