plus

埼玉県の物件一覧

埼玉県の掲載物件 12物件413部屋

「すぐ都会、すぐ田舎、それが埼玉県」

▼エリアの概要
「ださいたま」と揶揄されることもある埼玉県ですが、よく見てみると有名なものもいくつかあります。
西部は秩父の芝桜や夏祭り、長瀞の川下り、狭山のお茶や室内スキー場、入間のアウトレットなど、季節によって楽しみ方がさまざまです。秩父や長瀞は埼玉県内の他所からでもアクセスはあまりよくありませんが、自然がたくさん残っています。野球の西武ライオンズの本拠地が所沢にあり、有名アーティストのライブにも使われています。また、川越は小江戸と呼ばれ、駅近郊の景観が少し古めかしく保たれています。北部は熊谷の夏祭り、熊谷総合運動公園が有名ですが、熊谷駅や本庄早稲田駅に新幹線が停まるためアクセスはかなり良いです。東部はショッピングモールの越谷レイクタウンがあります。県下最大級を誇る大型ショッピングモールで休日は家族連れやカップルで賑わいます。南部はさいたま新都心のコクーンがあるため、何かを探しに走り回ることもあまりありません。また、さいたまスーパーアリーナでは有名アーティストのライブの他、様々なスポーツの国際大会も行われ、こちらもたいへん賑わいます。

▼見どころ
やはり秩父の芝桜が埼玉県の1番の見どころといえるでしょう。秋には秩父地方は紅葉で山々がきれいに赤く映えます。都心部からはやや遠いとはいえ、都心部から近い大自然は秩父です。見ごろの時期が毎年ゴールデンウィーク付近からになるので観光客がかなり多いですが、朝から見れるのでピークの時間を避けて行くと良いでしょう。
また、川越もおすすめで、浅草や京都とはまた違った雰囲気を味わうことができます。平屋建てに瓦の屋根、道沿いにお店が立ち並ぶ昔ながらの街並みです。電車でのアクセスは都心部からでも良いですが、車でのアクセスとなると付近の駐車場はどこも満車のところが多く、また川越の街並みを家族連れで広がって歩く方々も多いので運転にもかなり気を遣わなければいけません。

▼生活スタイル
埼玉県は東京都のベッドタウン的な存在であり、家族で住んで子供たちは学校に行き、親は会社に出かけていくという家庭が多いです。そのためかこの少子化のご時世ながら小中学校の児童生徒数はあまり減っておらず、むしろ増えている地域もあります。
都内と決定的に違うのはそうした子供たちの人口の面だけではなく、圧倒的に車社会であるということです。鉄道網が発達し、都内へのアクセスもよいのが埼玉県ですが、まだまだ自動車や自転車による事故は一気に減っていくことがありません。蕨市は日本で一番小さい市ですが、日本で一番交通事故が多く、隣の川口市も自転車事故がとても多いです。自分の住む地域の最寄り駅がまだ開発中であったりすることも多く、買い物をするときは大宮といった大きな都市や都内まで少し羽を伸ばしています。

埼玉県の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥52,289

アパートメント

平均 ¥59,545

埼玉県の入居者属性グラフ


Page Top