plus

葛飾区の物件一覧

エリアの概要

東京都葛飾区は、東京都23区の一つの区域であり、都心部から東部地域に位置しています。千葉県と接する位置にあり、東京都から千葉県へのアクセスの際の窓口としての役割を持っている地域です。葛飾区は、区域内には荒川や中川、江戸川などによる水資源が豊富にある事が特徴的です。そのため江戸時代には、この地域で農業開発が急激に推進されました。江戸の人々の重要な食糧生産地として、葛飾区は発展していきます。 その後、明治時代を迎えると、産業に必要な水の確保が容易である事から、この地域での工業化が推し進められるようになりました。その結果、葛飾区では、鉄鋼やレンガなどの製造工場が多く立ち並び、工業化が進みます。現代では住宅地開発により、東京中心部の住宅確保のための開発が進む一方で、街中には懐かしい下町風情を残しています。東京都心に比較的近い地域で、住みよい住まいを求めるのであれば、東京都葛飾区は最適な環境と暮らしを約束できる地域です。

見どころ

葛飾区で注目できるポイントとしては、それぞれの川をつなぐ橋があります。合計で16本あるこれらの橋は、荒川区と墨田区、松戸市をつなぐ交通の拠点であり、重要な交通設備です。最も古い四ツ木橋は大正11年に架けられ、それ以降続々と橋が架かるようになりました。 また、都会でありながらも、公園整備が進んでおり、新しい景観作りが盛んになっているため、都会での暮らしを癒すことができる施設が多く存在しています。さらにこの区内では、古代の史跡を保存する郷土と天文の博物館や伝統産業館、かまくら郷土資料館などの博物館が整備されており、古代の人々の暮らしの場であった竪穴式住居の史跡が展示されていて、かつての人々の生活の様子をうかがい知ることができます。

生活スタイル

東京都葛飾区には住宅街が広がり、昔ながらの商店街や飲食店も立ち並んでいることが特徴的です。東京中心部の高度に発達した都市に比較すると、アットホームで暮らしやすい環境があります。都心部に比較すると、不動産物件も比較的安く、生活の負担が小さいです。交通は多少不便な点もあるものの、交通機関をうまく活用することでアクセスの不便さはカバーすることができます。 現代では葛飾区の再開発が進んでいる事情があり、町全体で次の時代に向けてのリニューアルが進んでいる事が特筆すべき点です。また葛飾区は、映画「男はつらいよ」や漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などの舞台にもなっており、国内外からの観光客が増加しているため、これからのさらなる地域の再活性化へと大きく期待することができます。

葛飾区の物件11物件115部屋が公開中!

「東京都葛飾区には、下町の風情を残す住みよい魅力があります」

葛飾区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥48,580

アパートメント

平均 ¥70,400

葛飾区の入居者属性グラフ