東京都立川市のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • twitter
  • facebook
  • google+
plus

立川市の物件一覧

エリアの概要

東京都立川市は、東京の西部、武蔵野台地に位置する、人口400万人の、多摩地区の中心ともいえる町の一つです。中心となる立川駅には、JR中央線、青梅線、南武線が通っていて、近くにある立川北駅、立川南駅で多摩都市モノレールとの乗り換えが可能です。また、市の北部には、西武鉄道拝島線が通っています。立川駅から、中央線の特別快速電車を使うと、新宿駅まで約25分、東京駅まで約40分という便利さです。立川駅周辺には、大型の商業施設が集まっていて、大きなショッピングゾーンとなっています。また、広大な敷地の昭和記念公園をはじめ、たくさんの公園があり、さらに、野菜や植木などの農地が多く、大変緑に恵まれた地域となっています。住宅地は、ほぼ市内全域に分布していて、学校や図書館、スポーツ施設なども充実しています。

見どころ

東京都立川市には、国営昭和記念公園があります。昭島市とまたがる180haの広さがあり、1部が無料の緑の文化ゾーンとなっています。有料エリアには、ドッグランやサイクルセンターなどのある展示施設ゾーン、水鳥の池や花木園などがあり、夏にはレインボープールが開かれる水のゾーン、約11haもあるみんなの原っぱやスポーツエリアなどのある広場ゾーン、日本庭園や子どもの森などのある森のゾーンがあります。四季折々の花を楽しむことができますが、桜、菜の花、チューリップ、ポピー、サギソウ、コスモス、紅葉などは鑑賞スポットとして、よく知られています。また、数々のイベントが開催されていますが、特に7月に行われる花火大会は、東京で一番大きな1尺5寸玉を含む、約5000発が打ち上げられ、大変多くの人で賑わいます。

生活スタイル

東京都立川市は、立川駅周辺に、商業施設やオフィスが多くあり、また、駅の北側には工業団地、泉町には、企業団地があります。農業に従事している方もいるので、いろいろな職業の人が暮らしている町といえます。また、都心のベッドタウンのような印象がありますが、東京区部への通勤率は20パーセント以下といわれています。さまざまな施設が整っているので、買い物や飲食、レジャーも市内で充分に楽しむことができます。小、中学校などの環境はよく整備されていますが、子育て支援は、都内では中程度の位置づけです。子どもの数は少なくなく、全体に活気の感じられる町です。公園などが多いこともあり、子どもを育てる環境としては、優れているという評価があり、ファミリー層に人気のある町となっています。

立川市の物件3物件92部屋が公開中!

東京都立川市は、発達した商業施設と、豊かな緑に恵まれた地域です。

立川市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥56,734

アパートメント

平均 ¥79,333

立川市の入居者属性グラフ

GRAN シリーズすべてにおいてワンランク上のシェアハウス

もっと見る

期間限定ディスカウント!
グラン立川

グラン立川

JR中央線 / 立川 10分


Page Top