plus

豊島区の物件一覧

エリアの概要

東京都豊島区は、人口約29万8,000人を擁する大都市です。国勢調査では、過去には何度も人口密度が日本一になっており、人口過密地域であると言えます。有名な桜の品種である「ソメイヨシノ」は、豊島区にかつて存在した染井村が発祥と言われています。そのため、豊島区章は、桜をモチーフにしたものが採用されています。また、大学や高校、企業等も多数存在しているので、周囲から人々が通勤通学で集まってきます。そのため、昼間人口が夜間人口よりも多く、約1.6倍となっています。 豊島区には様々なスポットがあり、池袋を中心とした繁華街から、高級住宅街の目白をはじめ、「おばあちゃんの原宿」と言われている巣鴨などが、全国的にも有名と言えるでしょう。このように、豊島区は多様性を備えた街であり、それぞれの場所に特色があるため、観光や暮らしに適しています。また、池袋駅からの接続が便利であるため、ビジネスにも適しているでしょう。

見どころ

前述したように、東京都豊島区には様々な特徴を持ったスポットが存在します。まず、代表する都市として池袋が挙げられます。池袋には娯楽施設やショッピング施設が多数あり、主に若者の遊び場として栄えています。また、立教大学や、東京福祉大学等の教育施設もあり、その他オフィスビル群も集まっているため、多様な顔を持った街であると言えます。 次に高級住宅街の目白が挙げられます。こちらには学習院大学や川村学園等があり、学生が多いと言う点もありますが、緑が多く全体的に落ち着いた雰囲気の場所です。全国的にも高級住宅地として有名であり、住環境のイメージも良い地区です。学習院大学には桜がたくさんあるため、春になると美しい光景が見られます。

生活スタイル

東京都豊島区は東京都23区の中でも人口が多い部類であり、都会のイメージが強い街です。特に池袋が代表しているように、人が多く集まる華やかで賑やかな地域です。豊島区にある池袋駅は、一日の平均利用者数が約258万人で、JR東日本の駅の中では新宿駅に次いで2番目の利用者数を誇っています。このことからも、池袋がいかに人が多い街か理解できるでしょう。また、JR線以外にも、西武線、東武線や東京メトロの路線も通っており、アクセスがとてもしやすい地域と言えるでしょう。 以上のように、全体的に人々が頻繁に行き交う賑やかな地域ですが、所々に公園や緑もあり、煩雑なイメージはありません。都会的でありながら、暮らしやすい街と評価できます。

豊島区の物件7物件73部屋が公開中!

「東京都豊島区エリアの紹介」

豊島区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥49,334

アパートメント

平均 ¥90,727

豊島区の入居者属性グラフ