JR南武線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

JR南武線の物件一覧

JR南武線の物件8物件153部屋が公開中!

JR南武線は支線を含んで全30の駅からなるJR東日本の路線です。


JR南武線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥53,275

アパートメント

平均 ¥82,333

JR南武線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

東京のベッドタウンとして知られる神奈川県川崎市の川崎駅から東京都立川市の立川駅を結んでおり、支線を含めた総距離数は45kmになります。東京23区などの主要エリアは網羅していませんが、中央線やその他の路線の主要駅を通っていて、乗降客数も比較的多めです。川崎駅と武蔵小杉駅、武蔵溝ノ口駅、登戸駅、立川駅がおよそ10万人以上の乗降客数を誇っています。首都圏はJRを含め多種多様な鉄道会社の路線が入り乱れていますが、南武線はそれらの中でも特に重要度の高い役割を担っています。特に昨今急激に開発が進んでいる武蔵小杉駅周辺は「住みたい街」の上位に挙げられる人気エリアです。以前は混雑率の高さが問題になっていましたが、新型車両の導入などで緩和に向けた取組も行われています。運行形態は各駅停車と快速の2種類があり、通勤時間帯には速達性の高い快速列車の需要が高まっています。

見どころ

まずこの路線で最も乗降客数の多い川崎駅には、「ソリッドスクエア」や「ミューザ川崎」、「ラゾーナ川崎プラザ」などの大型商業施設が集まっています。川崎市の中心部ということもあって、ショッピングに関する利便性のみならず、行政にかかわる施設もこのエリアに集中しています。そして発展著しい武蔵小杉駅は医療施設が充実しているほか、「中原平和記念公園」や「川崎市平和館」もあります。東京都府中市にある府中本町駅の近くには「東京競馬場「や「JRA競馬博物館」、「多摩川競艇場」などがあり、最高の娯楽スポットといえるでしょう。娯楽のみならず商業施設も充実していて誰もが暮らしやすいと評判です。終着駅の立川駅の近くには、「ルミネ」や「ロフト」のような商業施設、他にも「諏訪神社」、「諏訪の森公園」、「国営昭和記念公園」があります。立川駅はJR中央線や青梅線などに乗り換えができるため、圧倒的な利便性が期待できます。以上のように南武線沿いのエリアには便利な施設や見どころを備えたエリアが多数存在しており、この地域に暮らす人たちの利便性を高めています。

生活スタイル

東京都内や神奈川県川崎市はそれぞれの最寄り路線によって期待できる生活スタイルが大きく異なると言われています。南武線の沿線駅の中には家賃がかなり高額なところもありますが、そうでない駅もあります。たいていの場合は駅の周りに日常的に利用しやすいスーパーマーケットなどの店舗があり、快適な生活の実現出来るでしょう。大型商業施設の揃っている川崎駅や立川駅へのアクセスも容易で、また複数の駅で23区内に向かう電車に乗り換えることができるため、自分が望む生活スタイルの確立が可能です。南武線の駅の中には家賃が低価格で、尚且つ教育施設なども揃っているところがたくさんありますので、誰もが懸念しがちな都市部で感じることの多い住み心地の悪さはありません。東京周辺だけでなく地方から上京される方にもおすすめしたいエリアです。