東武伊勢崎線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

東武伊勢崎線の物件一覧

東武伊勢崎線の物件8物件111部屋が公開中!


東武伊勢崎線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥49,268

アパートメント

平均 ¥66,975

東武伊勢崎線の入居者属性グラフ

沿線概要

東武伊勢崎線は群馬県の伊勢崎駅から浅草駅、押上駅までを通る路線です。中でも埼玉県の東武動物公園駅からは東京寄りは「東武スカイツリーライン」と呼ばれ、埼玉県民の都内への足として利用されています。東京メトロ日比谷線・半蔵門線、東急田園都市線への直通電車もあるうえ、日比谷線は北越谷駅や竹ノ塚駅が始発の列車もあるので、混雑はするものの利便性は高いと言えます。現在は各駅停車しかない日比谷線直通列車ですが、急行運転も検討されています。東武動物公園から北千住駅までは特急・急行列車を使えばノンストップ。本数は多くありませんが、追加料金無しかつ40分程で到着できるのは魅力です。北千住駅は東京メトロやJRに乗り換えができ、ルミネやマルイもあるため伊勢崎線の中では最大の利用客数を誇ります。浅草駅には浅草寺、押上駅には東京スカイツリーがあり、平日の昼間も観光客の利用が多い路線でもあります。雨、風、雪など天候不良には比較的強く、遅延や運休が少ないので、通勤通学には頼もしい路線です。今後は春日部駅のジャンクション機能強化や北越谷駅から北千住駅区間のホームドア設置などが計画されています。

見どころ

伊勢崎線の主な見どころは3つあります。「東京スカイツリー」、「北千住駅周辺」、「東武動物公園」です。「東京スカイツリー」の最寄り駅である押上駅は「スカイツリー前」という副駅名がつき、業平橋駅は「とうきょうスカイツリー駅」に改称。「スカイツリーライン」という愛称もつけられて、伊勢崎線最大の目玉スポットとなっています。東京ソラマチ、すみだ水族館なども併設され、デートやショッピングに便利なエリアとなりました。北千住駅周辺は商業施設に加え、飲食店も豊富。平成に入ってからは帝京科学大学や東京未来大学が、2012年には東京電機大学が開設され、学生街としてもにぎわうようになりました。住みやすい穴場のエリアとして、都内でも存在感を増しています。東武動物公園は動物園だけでなく遊園地やプール、イルミネーションも楽しめるスポットです。年間を通して利用客も多く、特にファミリー層に人気があります。世界初の水上木製コースター「レジーナ」や関東地方では珍しいホワイトタイガーの展示など、話題も豊富なアミューズメントパークです。

生活スタイル

伊勢崎線は北千住駅と東武動物公園をポイントに、大きく3つのエリアに分けられます。北千住から浅草・押上までのエリアは東京の下町。足立区、墨田区、台東区を貫いています。沿線には昔ながらの建物が多く、北千住駅を除いては比較的小規模の駅が並びます。東武動物公園から北千住まではほぼ埼玉県。草加市、越谷市、春日部市、宮代町といった、いわゆるベッドタウンです。住宅が多く、公園やスーパー、コンビニが点在していて生活しやすいエリアでもあります。日頃の買い物には駅前も利用しますが、休日のショッピングには駅から離れた大型ショッピングセンターを利用する人が多いため、車があると便利です。初詣は西新井駅から大師線で西新井大師が定番です。東部動物公園以北は埼玉県から途中栃木県の足利市を通って群馬県へ至ります。群馬県舘林市は猛暑日が多いことでも有名です。久喜駅からはJRで大宮駅へ行くことができ、都内へのアクセスに別のルートが使えます。とはいえ都内へ行くには時間がかかるため、休日のショッピングやデートは県内で済ませることのほうが多くなります。