東京都小平市のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • twitter
  • facebook
  • google+
plus

小平市の物件一覧

エリアの概要

東京都小平市は、武蔵野台地の西側にある人口約19万人が暮らす街です。 江戸時代に多摩川上水が完成し、新田の開発が進められ集落が形成されました。関東大震災後に学園都市として開発が進められ、日本を代表する国立大学や私立大学があります。 青梅街道や五日市街道・西武鉄道新宿線などが東西に走り、小金井街道や府中街道・西武鉄道・JR武蔵野線が南北に走っているので、都心部や埼玉方面はもちろん、隣接する市へのアクセスは良好です。そのため都心への通勤立は約30%に上り、ベッドタウンとして人口が増加を続けています。 市内にはスーパーなどの商業施設も多く買い物にも便利で、官公庁や企業の工場がたくさん立地をしているので、工業団地や集合住宅もたくさん建っています。

見どころ

東京都小平市の見どころは、昭和29年に都市公園として開園した小金井公園です。 小金井公園は、東京都小平市・小金井市・武蔵野市・西東京市の4市にまたがる広い公園で、面積約80ヘクタールの広大な敷地は都立公園の中で最大規模となっています。中でも最大の見どころは、「桜の園」に植えられた約440本のさまざまな種類の桜の木で、シーズン中には次々と咲き誇る桜の花を一目見ようと多くの人が訪れています。 園内には、江戸時代から昭和の初期にかけての歴史ある建造物が展示してある「江戸東京たてもの園」があります。その他にも野球場やテニスコート・弓道場などのスポーツ施設やレクレーション施設が充実をしており、市民の憩いの場としてはもちろん、多くの観光客で賑わいをみせています。

生活スタイル

東京都小平市にはたくさんの企業の工場が立地しており、市内には工業団地が多く建っています。市内在住で工場で働く人も多いのですが、都心へのアクセスが良いことから、東京主要都市へ通勤をする人も多く都内への通勤立は約30%に上っています。東京都小平市の昼間の人口と夜間の人口を比べてみると、昼間の人口は夜間の人口より約2万3000人ほど少なくなります。 東京都小平市には、国立大学や私立大学などの教育施設がたくさんあります。市内から市外へ通学をする学生は約1万人で、市外から市内へ通学をする学生の数は約1万1000人ですので、学生の出入りは拮抗しています。 都心に比べると地価や家賃も比較的安く生活がしやすい環境にあるので、東京都小平市へ転居をする人が年々増加しており今後の発展が期待されています。

小平市の物件2物件133部屋が公開中!

ベッドタウンとして人気を集めている東京都小平市。 今回は街の魅力をご紹介します。

小平市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥49,343

アパートメント

アパートの登録がありません

小平市の入居者属性グラフ