都営三田線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

都営三田線の物件一覧

都営三田線の物件9物件145部屋が公開中!

都営地下鉄三田線は、東京都品川区の目黒駅から東京都板橋区の西高島平駅までを結ぶ路線です。


都営三田線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥62,917

アパートメント

平均 ¥66,932

都営三田線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

路線距離は26.5キロで、全27駅で構成されています。東京の南部から都心部の日比谷や大手町を経由して北西部の板橋区まで、おおむね南北を弓なりに走るような路線経路を採用しています。目黒駅から白金高輪駅の間は東京メトロ南北線と線路や駅を共用しています。また、始発の目黒駅から先は東急目黒線の日吉駅まで相互直通運転を行っています。開業は1968年(昭和43年)の末で、巣鴨駅から現在の高島平駅(当時は志村駅)の10.4キロが開業しました。その4年後には巣鴨駅から日比谷駅までが開業、翌年には日比谷駅から三田駅、さらに3年後には高島平駅から西高島平駅までが開業し、しばらくは西高島平駅から三田駅での営業が続き、2000年の9月より東急目黒線との相互直通運転を開始しています。板橋区の北西部の居住者や、東急目黒線沿線の居住者が都心へアクセスする足として重宝され、通勤や通学に幅広く利用されている路線です。

見どころ

都営地下鉄三田線の見どころとして、最初にあがるのはやはり「東京タワー」でしょう。芝公園駅または御成門駅から徒歩でアクセスできます。実は「東京タワー」というのは愛称で、正式には日本電波塔という名称だそうです。1958年12月23日竣工した東京タワーは高さ333m。総工費は約30億円で、1年半と延べ約22万人の人員によって完成しました。展望台は地上125mと223.55mにあります。タワーの先端からオレンジと白を交互に配した塗装が特徴的で、テレビやFMラジオのアンテナとして放送電波を発信したり、JR東日本の無線用アンテナとして緊急信号を発信するほか、東京都環境局の各種測定器なども設置されているそうです。自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半日本一の高さを誇りました。現在は東京スカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物で、重量は約4千トンとされています。スカイツリーに主役の座を譲ってからも、東京のランドマークとして多くの人に親しまれ、日本人のみならず多くの外国人観光客も訪れています。

生活スタイル

他の地下鉄路線と同様に山手線の内側を走る区間は賃貸住宅の数が少ないこともあり、家賃相場が高めとなっています。都営地下鉄三田線沿線で生活するのにおすすめのエリアは、巣鴨駅から北側の豊島区、板橋区エリアとなります。三田線は巣鴨駅から先では国道17号線の下を走り、環八通り手前で西側に進路を変えます。このエリアは東京都の北側にあり、かつ都心からも少し離れているため、その多くが住宅地で、生活に必要な物を買い揃えるための商店も多く点在しています。また板橋区役所は三田線の板橋区役所前駅と直結しているため、様々な行政手続を行う際は三田線を利用して区役所まで簡単にアクセスできます。この沿線には学校も多いので、子育て世代にとっても暮らしやすいエリアになっており、特に沿線の大手町や日比谷、三田周辺に通勤する人にとっては利便性が高いエリアになっています。