JR総武線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

JR総武線の物件一覧

JR総武線の物件29物件539部屋が公開中!


JR総武線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥56,062

アパートメント

平均 ¥71,882

JR総武線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

JR総武線は別名「中央・総武緩行線」とも呼ばれ、三鷹駅から御茶ノ水駅を経由して千葉県の千葉駅までを結んでいる(このうち御茶ノ水駅から千葉駅までが総武線部分)東京都と千葉県間の主要路線です。23区内を東西に横断出来る点が特徴で、それにより大きな利便性を発揮しています。総武線の沿線駅はいずれも利用者がかなり多いことで有名ですが、特に東京都内の駅については知名度も高くなっています。錦糸町駅ではJR他路線や地下鉄への乗り換えが可能で、御茶ノ水駅や秋葉原駅でも複数の路線に乗り換えることができます。千葉県側においても船橋駅や西船橋駅、津田沼駅が乗り換えに便利な駅として活用されています。直接千葉県から東京都内に出向くときだけではなくて、他の路線に乗り換えた上で移動する際にも重宝されています。使い勝手が良くて運行本数が多い点も魅力です。

見どころ

総武線の沿線にはいくつもの有名な観光スポットが目白押しです。まず御茶ノ水駅周辺には、「湯島聖堂」や「センチュリータワー」、「聖橋」、「昌平橋」のような観光スポットもあれば、「神田明神」や「太田姫稲荷神社」などの歴史的な情緒の漂うスポットもあります。そして両国駅には大相撲の本場所が行われることでも有名な「両国国技館」や「江戸東京博物館」があり、日本全国から観光客が訪れています。水道橋駅に近くにはプロ野球ジャイアンツの本拠地としても知られる「東京ドーム」、信濃町駅と千駄ヶ谷駅の間には建設中の「国立競技場」などスポーツ関連施設も豊富です。千葉県側の本八幡駅周辺はラーメンの激戦区として有名で、様々な人気ラーメンを求めて地元の人たちだけでなく、それ以外の多くの地域からも押し寄せています。市川市の中心地のため買い物スポットも豊富で、グルメのみならず様々な面で利便性が高いです。また津田沼駅は乗り換え目的で利用されることも多いターミナル駅で、周辺には大型ショッピングモールが複数ありますし、「奏の杜forte」や「津田沼公園」もみられます。総武線沿線の見どころスポットは他にも様々あり、この沿線で暮らす人たちの日常生活を彩っています。

生活スタイル

総武線沿線の賃貸物件の家賃相場は他の路線と同様に都内では高く、千葉県方面では安くなる傾向にあります。特に秋葉原から西のエリアでは山手線の内側エリアということもあって、その相場は全国有数の高さです。ある程度リーズナブルに済ませようと思うのであれば、江戸川区や千葉県内まで範囲を広げることがおすすめです。千葉県内でも市川市や船橋市、千葉市といった比較的人口の多いエリアを走りますから、生活必需品やサービスを取り扱う店舗などには全く困ることもありませんし、都内に比べれば少し落ち着いた雰囲気になりますので、単身者だけでなくファミリーでの生活にもおすすめしたいエリアです。特に西船橋駅や本八幡駅は地下鉄や私鉄との他路線利用が可能なため、人気のエリアになっています。