JR山手線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

JR山手線の物件一覧

JR山手線の物件28物件299部屋が公開中!


JR山手線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥57,049

アパートメント

平均 ¥217,085

JR山手線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

JR山手線は日本全国の人にその名を知られる路線で、なおかつ利用者数も非常に多いことが特徴です。東京駅、池袋駅、新宿駅、渋谷駅をはじめ、品川駅や上野駅なども通っており、毎日通勤通学はもちろん観光客も多く利用しています。東京駅から上野駅方面に進む内回りと東京駅から品川駅方面に進む外回りの2種類があり、東京都内を約1時間かけてぐるりと一周する環状線という形態を採用しています。都内を走る他の路線は郊外から都心へアクセスするような経路を取りますが、山手線は環状線いう形式を採っているため都心部のみを走る路線となっています。そのため沿線の家賃相場は全国でもトップレベルの高さで、都内在住者のとっても憧れのエリアになっているような住宅地も多数存在しています。

見どころ

山手線は全29駅で構成されており、東京オリンピックまでに田町駅と品川駅の間に新たな駅が誕生する予定になっています。この沿線駅には数え切れないほどの見どころが存在しており、東京23区にあるスポットの大半を網羅しているといっても過言ではありません。急激な再開発が行われ、一昔前と大きく姿が変貌した渋谷駅には「渋谷ヒカリエ」、さらには渋谷109を筆頭に若者向けアパレル用品の専門店が多数立ち並んでいます。そして上野駅周辺では「上野公園」や「不忍池」、博物館や美術館などを満喫することができるでしょう。また電気街からその様相を変えつつある秋葉原駅はコンピュータ関連の専門店やアイドルに関するスポットが立ち並んでいます。東京駅周辺には「東京駅壱番街」や「大丸」、「新丸ビル」、「KITTE」といった大型の商業施設があるだけでなく、「赤レンガ」で有名な丸の内側の駅舎自体も見どころになっています。その他、有楽町駅周辺には全国各地のアンテナショップが出店している「交通会館」、サラリーマンの街として知られる新橋駅の「SL広場」、池袋駅の「サンシャイン60」や「サンシャイン水族館」など、山手線沿線には多種多様な見どころが点在しています。

生活スタイル

山手線はその便の良さから賃貸物件の需要が高く、その他の路線沿線に比べて家賃相場が高くなっています。それぞれの駅によって街の特徴がかなり異なっており、駅によってはオフィスビルがほとんどを占めていて、周辺に利用しやすいスーパーや生活のための施設が少ない場合も見受けられます。一方で住宅地が整備されている山手線の沿線駅も複数あるので、それらの駅の周辺に居住することで、都内各所への所要時間を大幅に短縮することができ、通勤通学や週末のお出かけがとても便利になることは間違いありません、また、東京駅、上野駅、品川駅から各方面への新幹線に乗り換えができる他、浜松町駅や品川駅からは東京モノレールや京急線に乗り換えて羽田空港方面へ、日暮里駅からは京成線に乗り換えて成田空港方面へもアクセスできるので、都内近郊はもとより、日本全国や海外への出張、旅行にも出かけやすい環境を維持することが出来ます。